日本アーユルヴェーダ学会は日本におけるアーユルヴェーダの普及を目的に内外の研究者と連携をとりながら日本国民全体の健康促進に寄与することを目的に活動しています。アーユルヴェーダとは、インド古来から伝わる伝統医学。Science of Art of Living であり病気や病人だけを対象とするのではなく洞察にとむ生命観に従って包括的に人間にアプローチするものです。

KurashikiPoster.pdf

2014年度ご挨拶

年頭にあたり一言ご挨拶を申し上げます。
昨年は、「こころと身体のアンチエイジング」と題しまして日本ヨーガ療法学会と合同での学会という新たな試みでの学会を宮崎県で開催いたしました。 今年は私の生まれ育った町、岡山での開催でございます。
「アーユルヴェーダの智慧 今をどう生きる」 と題しましてアーユルヴェーダが私達に与えてくれる様々な智慧について皆様ともう一度考えていきたいと思っています。
どうぞふるってご参加下さい。
平成26年10月25、26日倉敷市民会館にて皆様とお会いできるのを楽しみにしております。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

日本アーユルヴェーダ学会 理事長 柴田高志

新理事長ご挨拶

柴田理事長このたび 日本アーユルヴェーダ学会の学会理事長に就任いたしました、 柴田高志と申します。 多くの方々からご支持を頂きまして学会理事長という大役を仰せつかり、誠に光栄に存じます。
 2003年、私は“病は自分で、作ったもの、病は自分で治すもの”という信念の下、岡山県倉敷市にアーユルヴェーダ治療を中心として統合医療を行うための施設「倉敷光クリニック」を設立し、病気になりにくい心身を作ること、至福に満ちた健康状態を多くの人々に感じて頂くため、医師としてそのお手伝いをして参りました。同年10月には日本アーユルヴェーダ学会岡山研究総会の大会長を務めましたが、あれから10年が経過した今、学会の参加人数は大幅に増加し、アーユルヴェーダは様々なテレビ番組や雑誌で取り上げられるようになり、認知度が着実に広がりつつあります。
 インド5000年の生命科学の叡智は、全ての人が、咲かせた花を千切られることなく、熟しかけの実を啄まれることなく、根も幹も枝葉も十分な栄養で満たされた状態で、与えられた命を豊かに生きるための智慧を与えてくれます。
我々が手にしているのは未だ氷山の一角ではありますが、一つ知るごとに心と体が楽になり力がみなぎるようなそんな感覚を、短期間でもアーユルヴェーダの考えに基づいた生活を送られたことがある方なら、実際に体感してご存じのはずです。
病気にならない方法があるなら、病気と闘わずにすむ方法があるなら、きっと誰もが知りたいと思うのでしょう。
 日本アーユルヴェーダ学会を通じて様々な分野の方と交流を持ちながら、風のように自由な発想と旺盛な好奇心で、アーユルヴェーダの神髄を探求し続け、火のように未来を煌々と照らす先人の智慧を余すところなく消化し、水のように全てを包み込む清らかな知性で伝統医学と現代医学の補完と融合を目指しましょう。  役員紹介

最新のお知らせ

2014年東京アーユルヴェーダ研究会 4月例会のお知らせ

◆演題  「インド・ナンデットにおけるアーユルヴェーダの治療と実践」現在、イン ド、ナンデットのアーユルヴェーダ診療所において診療をする医師を招きアーユル ヴェーダの診療所における治療と臨床についてと、治療施設の効果と現況について、 話しをして いただく。

◆講師   プラフツラ・ムンダッタ・アーユルヴェーダ医師  講師プロ フィール 1990年インド、ナンデットアーユルヴェーダカレッジ 「オーラン ガバード」大学卒、1994年ナンデットに診療所「Mundada Ayurveda Hospital治療施設「Mundada Ayurveda Village」をオープン

◆開催日 時:419日第(3土曜日) 14:0017:00  受 付開始13:30

◆会場:大 田区産業会館「Pio」京浜急行「京急蒲田」駅より徒歩約3144-0035 東京都大田区南蒲田1-20-20   http://www.pio-ota.jp/plaza/map.html

◆会費:日 本アーユルヴェーダ学会会員(1000円)  一般(2000円)

◆申し込み 先:世話人 鈴木八重子  アドレス:ysuzuki0127@polka.ocn.ne.jp

携帯:090-24846146

 

アーユルヴェーダのセルフケア・アドヴァイザーの為のテキスト  「アーユルヴェーダの基礎」 発売中

日本アーユルヴェーダ学会認定委員会作成 1200円

テキスト

 

 

 

 

 

 

 

「チャラカ本集 総論篇」植物索引を公開します。

2011年にせせらぎ出版より『チャラカ本集 総論篇』を出版にあたり、同書には掲載できなかった「植物索引」を、付録Ⅱとしてインターネット上に公開するむね、同書の凡例に記載し、編者の潮田先生に制作、校正をお願いしていましたが、このほど完成しました。

これは、同書の読者のために補足的に作ったものですが、読者でなくても誰でもアクセス、ダウンロードできます。

A4判、130ページにおよぶ労作となっています。PDFファイルなので軽いファイルです。サンスクリット語のローマナイズ表記フォントも問題なく表示されるようになっています

ご興味のある方はここからご覧ください。


日本におけるアーユルヴェーダ研究30年の集約

今年で30年を迎えるアーユルヴェーダ学会30周年記念の年にあたって、今まで世に送り出した「アーユルヴェーダ研究」1970年の0号から20080年の37号までの総論文数 約580篇の中から重要論文を抜粋し500頁からなる記念号として編纂しました。 詳しくはこちら

アーユルヴェーダ専門誌「シャンティ・マールガ」のご案内

アーユルヴェーダのことをもっと知りたいと思ったら「シャンテイマールガ」をお読み下さい。本場インドの情報や日本で活躍中のアーユルヴェーダの第一人者達の記事を読むことができます。詳しくはこちら

 

 



 

■関連学会リンク■
厚生労働省
日本統合医療学会
日本ヨーガ療法学会
アーユルヴェーダ協会
日本芸術療法学会
全日本カイロプラクティック学会日本カイロプラクターズ協会
日本磁気医学会
日本小児東洋医学会
日本心身医学会
日本音楽療法学会
日本東方医学会
日本バイオフィードバック学会
日本看護協会
日本歯科東洋医学会