一般社団法人 日本アーユルヴェーダ学会

一般社団法人 日本アーユルヴェーダ学会

第26回日本アーユルヴェーダ学会札幌研究総会

北海道大学学術交流会館 2004年11月27~28日(土~日) 
総会会長 平田 章二

--------------------------------------------------------------------------------
メインテーマ 
「がんの統合医療;がんはいつの時期も治る可能性がある」
~がん予防・治療としてのアーユルヴェーダの役割~

--------------------------------------------------------------------------------
シンポジウム
~がん予防・治療としてのアーユルヴェーダの役割~
鈴木信孝 (日本補完代替医療学会理事長)
   「がん治療における補完代替医療の占める位置」
クリシュナ.U.K(東洋伝承医学研究所)
   「アーユルヴェーダのがん治療」
上馬塲 和夫 (富山県国際伝統医療センター)
   「アーユルヴェーダの癌治療におけるEBM」
木村慧心 (日本ヨーガ療法学会理事長)
   「ヨーガ・セラピ-の精神神経免疫役割」
イナムラ・ヒロエ・シャルマ(アーユルヴェーダ医師)
   「日本でできるアーユルヴェーダがん治療」

--------------------------------------------------------------------------------
教育講演 
堀田 清(北海道医療大学薬学科助教授)
 「薬草の効果」

--------------------------------------------------------------------------------
市民公開講座
~アーユルヴェーダによるアクティブホスピスへの道~
*****
平田章二(平田口腔顎顔面外科院長)
ホスピスからアクティブホスピスへ
 *
柴田高志 (倉敷光クリニック顧問)
がんの生きがい療法
 *
高橋佳璃奈 (ビューティーライフ研究所)
がん患者のアーユルヴェーディックアロマテラピー
 *
宇治木敏子 (日本タッチ・コミュニケーション協会理事長)
がん患者のタッチ・コミュニケーション
総会記録へ戻る