一般社団法人 日本アーユルヴェーダ学会

一般社団法人 日本アーユルヴェーダ学会

第27回日本アーユルヴェーダ学会

静岡研究総会
総会会長:長澤 宏 (アーユルヴェーダ学会理事、ムクティ代表)


第27回日本アーユルヴェーダ学会の研究総会は静岡市で開催します。静岡市での開催 は初めてですが、皆様のご参加を心より歓迎いたします。メインテーマは「日々実践する アーユルヴェーダ」ということで、毎日の生活の中に取り入れることのできるアーユル ヴェーダに焦点をあててゆきたいと思います。そしてこの静岡研究総会をきっかけにアー ユルヴェーダがさらに広まるようにしてゆきたいと思います。静岡市周辺には日本一の富士山をはじめ、多くの観光スポットもあります。また、この4月より静岡市は政令指定都市として再出発しております。参加者の皆様には新しい静岡市を見て頂き、研究総会にお いても有意義なものとして参加して頂けますよう準備いたしたいと思っておりますので 何卒よろしくお願いします。

会 期:2005年11月12日(土)、13日(日)
会 場:静岡市市民文化会館中ホール
〒420-0856 静岡県静岡市駿府町2番90号

メインテーマ:「日々実践するアーユルヴェーダ」

       プログラム
第27回日本アーユルヴェーダ学会静岡研究総会(2005年11月12日・13日)

11月12日(土)
開会式
スワミ・メダサーナンダ「インド伝承医学の基礎」
上馬場和夫「タッチコミュニケーションにおける指導方法の考察」
「オーストラリア産ニーム石鹸の試用モニター集計結果」
「ヨーガの呼吸法による脳循環動態の変化」
「シロダーラの心理的効果に影響を及ぼす要因について」
吉次通泰「アーユルヴェーダと飲酒」
青山圭秀「アーユルヴェーダの鉱物薬Ⅲ」
吉野喜代美「耳のトラブルの予防と改善」 
池上正治「アレルギー性鼻炎と足の冷えに対するごま油鼻点滴ならびに灸の効果とその理論」

12:00~12:50 休憩、昼食、

藤田紘一郎「日本人の清潔があぶない-きれい好きの功罪検証」
田澤賢次「クシャラスートラ」
シンポジウム  テーマ:「今、食を考える」
  松本英聖「アメリカの癌は減った!」
  サダナンダ・サラデシュムク「スポーツと食」(仮題)
  門馬登喜大「アーユルヴェーダにおけるHuman Ediblesの可能性」
  木村慧心「食とヨーガ療法」


11月13日(日)
熊倉利子「ベビー&チャイルドケアにおけるアロマテラピー
                 とアーユルヴェーダの違い」
上里貴子「ヘナとハーブのトリートメント」
星一以「ヘッドマッサージ時における香りとマルマ刺激の影響について」 v 星一以「シロダーラ時における生理反応について」
幡井勉「パンチャカルマ最近のいくつかの症例について」
デレゲル「モンゴル医学の脈診とマッサージ」
青山圭秀「自分の体質と個性を知る-トリドーシャ、トリグナと人間の道」

12:00~12:50 休憩

アーシャ・パタンゲ「アーユルヴェーダマッサージセラピー」
U.K クリシュナ「身体と心を若返らせるアーユルヴェーダ」
M.モハン・アルバ「インド文化とアーユルヴェーダ」

インドダンス&アフリカンドラムショー

15:45 閉会式
総会記録へ戻る