話題

100日後に食われるブタは食用か検証!【食べるためにはお金が必要!】

スポンサーリンク

 

100日後に食われるブタのチャンネル登録者数が先日の2万人からあっという間に倍の4万人を超えている現状を見るとかなり注目されているようですね。

 

あのひろゆきさんも絶賛しているコンセプロですから、バズリは無理もないですよね。

こちらのブログでも「100日後に食われるブタ」関連の記事は3記事目になります。

他の記事も丁度いい時間つぶしの記事内容になっていますから良ければ読んでください。

100日後に食われるブタの飼い主の性別や正体!【解体は誰!】

100日後に食われるブタがかわいそう![倫理的にどうか検証!]

100日後に食われるブタのカルビの解体方法[豚肉に感謝しかない]

このチャンネルで可愛らしい姿を見せているブタさんの「カルビ君」は通常私達が見たことがあるブタとは違い、ミニブタやマイクロブタと呼ばれる種類です。

 

この記事ではマイクロブタやミニブタは食用として食べらても良いのか、一般的に見てペット用のブタを食べることは大丈夫なのかという内容をまとめていきます。

マイクロブタはペットとして今人気があるのですが、実際食べるためには残酷な行為をしなければなりません。

解体するにはお金が必要のようでどのくらい必要なのかをまとめていきます。

スポンサーリンク



100日後に食われるブタは食用か検証!

100日後に食われるブタは現在チャンネル登録者数が爆発的に増えているチャンネルで、注目を集めている理由としては、やっぱり最終的に100日後に食われてしまうのかという部分が気になるということです。

飼い主の方は、Twitterやティックトックなどでもこのブタさんのことを発信されていますが、ほのぼのとした動画が最終的な結末を迎える予兆にすぎないと思うとなんとなく可愛そうだという声が聞こえてきそうです。

この100日後に食われるブタは実は、マイクロブタやミニブタという種類のようで、動画のしたにあるハッシュタグに記載されていました。

ミニブタやマイクロブタは食べても良いものなのか個人的にも疑問に思いましたので検証してみます。

マイクロブタ・ミニブタは食用として食べられる!

結論としては、ペットブタであろうと食べることはできるようです。

ご自分でペットを食用として加工することは法律上禁止されているようですが、100日後に食われるブタの飼い主もこのブタさんを食用として食べること自体は何ら問題の無いことだと言われています。

 

しかし、問題は無いにしてもやはり本当に食べてしまうとなればちょっと残酷なようにも感じてしまうのはこの時代の価値基準が多くの方がそのように思っているからでしょうね。

 

ペット叩いたり殴ったりする行為は最近では動物愛護団体の観点から見ると問題行為として見られていますが、数十年前の日本ではペットという認識すら薄いように思います。

 

日本でも戦後などでは犬を食用として食べていたこともあるくらいですから時代の流れとともに動物の価値基準もどんどん変わってきているようです。

普段食用として販売されている豚肉は加工されているものばかりで、動いている状態を見ることはほとんど無いわけです。

つまり「かわいそう」という感情が動くのは、動画で動いている愛くるしい姿を見てしまったがゆえに起こる反応だということになります。

 

確かに豚肉は食用として広く流通していますが、100日後に食われるブタのカル様を食べようという気持ちにはなれませんね。

命を食べて自分の糧とするという大きなテーマがあるとは思いますが、やはり感情が入ってしまうと難しくなりますね。

マイクロブタを食べるためにはお金が必要!

100日後に食われるブタは、100日後に本当に食べられてしまうのかこの動画の最後を見なければわからないことですが、個人で飼育しているブタを食用として加工するには、ある程度お金が必要だということがわかりました。

最後に、飼育した豚を加工するための金額をまとめていきます。

こうやって表現すると非常に生々しく感じてしまいますね。

豚を加工するには特定の場所で行う

家畜を加工するためにはと畜場で処理をする必要があります。

地域によっては料金設定が多少違うのかもしれませんが、使用量と解体料を支払う必要があります。

家畜によってだいぶ料金が変わりますが、豚の場合だったら1頭あたり使用量を含めて2000円ほどです。

100日後に食われるブタの飼われている環境や国籍などは不明ですので実際に食べるとなればどのような手順を踏むかはわかりません。

 

ただ、日本にいる場合ならば、と畜場で加工をする必要があるのでリアルな話だと豚肉を購入したほうが安いような感じがします。

 

100日後の9月1日にならなければ、結末はわかりませんが、結末が本当に気になりますよね。

100日後に食われるブタは食用か検証!~まとめ

この記事では、100日後に食われるブタの種類がミニブタやマイクロブタということで食用として食べられるのかどうかを調べた結果をまとめていきました。

 

結論としては、食用として食べても問題は無いようですが、多少加工するためにはお金が必要になるようです。

 

ただ、実際に食べることで動画で後悔していたブタさんですから、なんとなく物議をかもしそうです。

スポンサーリンク