話題

コンドウハルキの学歴や年収 勝どきタワマンの家賃はいくら!

kondou-haruki
スポンサーリンク

 

ネットを活用して大人以上に収入を得ている中学生がいます。

働き方の概念が変わり、大人以上に稼ぐ世代がどんどんこれからも増えてくるのはある程度わかっていましたが、中学生で大人の3年分の年収を稼ぎ出している現実にはちょっとビビています。

 

この記事ではコンドウハルキさんという方の学歴や年収についてまとめていきます。

どんな仕事をされているのか、タワマンに住んでいるすごい中学生の秘密をあわせてお伝えしていきますね。

スポンサーリンク



コンドウハルキの学歴や年収

中学生で大人の稼ぎを有に超える額を稼ぎ出しているニュースを見たあなたは、ちょっと悲観的に感じてしまうかもしれませんね。

ただ、コンドウハルキさんの行動力や時代に合わせた仕事の選び方を参考にすることで、もしかしたら、あなたも同じように自由を手に入れることができるのかもしれません。

 

コンドウハルキさんの学歴は、中学校3年生で不登校をされていて、現在はN高という通信制の高校で学んでいます。

コンドウハルキさんの個人的な意見では「義務教育は意味がない」という発言がありますが、この発言の真意としては現在されている仕事は義務教育で教えてもらえなかった内容が全てだからだと思います。

N高に入学している理由としては、生涯年収を調べることで中卒と高卒では年収に大きな差が生まれるという理由から、高卒くらいはとっておきたいという理由でした。

 

それにしても、中学生で大人以上に収入を得ている職業とはどういった内容なのか気になりますよね。

現在の収入としては月収50万円で多いときでは80万円も稼いでいるそうです。

平均年収としては1000万円を稼いだときもあるそうです。

 

それほどまでに稼げる仕事について簡単に経歴をまとめました。

コンドウハルキの経歴

コンドウハルキさんは、小学生時代にフィリピンへ移住されていました。

そのときに母親の仕事の関係でブロガーの坂内学さんに刺激を受けて、ネットがあればどこにいても収入を得ることができるという知識を学んだそうです。

 

帰国後に母親が経営するデザイナーに必要な知識を学ぶことができるWEBの学校へ入り基礎を学びました。

その知識を生かして現在ではWEBデザイナーやコンサル業をして収入をもらっているということです。

最初は中学生だからという理由で、仕事の受注が少なかったようですが、ココナラなどに登録して、小さい仕事を積み重ねていくことで、次第にフォロワーが付き仕事の受注が増えていったということでした。

 

個人的にはコンドウハルキさんが成功した理由に、時代にあった仕事を諦めずに続けたことが今の結果につながったのだと思います。

決して中学生が1000万円稼いだからすごいということではなくて、やり続けることと学び続けることをひたむきにされているということが結果につながるのだと感じました。

 

つまり、これからコンドウハルキさんのように収入を上げたいと考えている方にはコンドウハルキさんがされてきた抽象的概念を真似る必要がありますね。

中学生が稼いだというキャッチーなイメージはもちろんインパクトがありますが、それ以上に大人以上に感度が高い先見の明がすごいと思います。

それにしても現在タワマンに住んでいるということですが、どのくらいの家賃を払っているのでしょうか?

勝どきタワマンの家賃はいくら!

現在タワマンにお住まいのコンドウハルキさんの勝どきタワマンの家賃はいくらか純粋に気になります。

住所などは特定できませんし、倫理上できませんので、この記事では勝どきのタワマンが駅から10分圏内の場所にあるタワマンの家賃を調べて見ました。

 

調べた結果、勝どきのタワマンで駅から徒歩10分圏内にある家賃の相場は10万円~40万円ほどの幅があります。

コンドウハルキさんがお住まいのタワマンは58階建ての建物だそうですが、階層が高くなるにつれて家賃の値段も高くなる傾向にありました。

コンドウハルキさんは一人でお住まいではなく、同居人がいらっしゃるようですので、およそ20万円位は家賃として支払っているのかもしれませんね。

ここでは賃貸に関しての値段をまとめましたが、購入となると価格が4000万円以上のものがザラにあります。

コンドウハルキの学歴や年収 ~まとめ

この記事ではコンドウハルキさんの学歴や年収についてまとめていきました。

中学生で1000万を稼いでいる、コンドウハルキさんの職業はWEB関連のお仕事で、場所を選ばずどこでも仕事ができる現代にマッチした職業だと言えますね。

 

今後コンドウハルキさんのような若くして大きな額を稼ぐ方がどんどん増えると思いますので、スキルと継続というものは本当に大事だと感じますね。

スポンサーリンク