スポーツ

大谷翔平の通訳・水原一平の給料 高卒や野球経験がなくてもOK?

スポンサーリンク

 

メジャーの注目を一心に集めている大谷翔平さんの活躍は凄すぎですよね。

先日のホームランダービーも日本で中継されたので仕事中に食い入るように見てしまった形も多いのではないでしょうか?

大谷選手は残念ながらホームランダービーではあまり活躍できませんでしたが、選手よりも目立つ存在の水原一平さんという通訳者の方がメジャーの方でも人気が高いようです。

 

この記事では大谷翔平さんの通訳者として活躍している水原一平さんの給料についてまとめていきたいと思います。

更に大谷翔平さんのようなスター選手の通訳者になるにはどんな経歴を身につければいいのか高卒や野球経験がなくてもOKな理由についてもお伝えしていきます。

スポンサーリンク



大谷翔平の通訳・水原一平の給料

大谷翔平さんの通訳をされている水原一平さんは、海外では人気が高く、野球カードにも名前が乗るほどのレアカードとして「IPPEI」の愛称で親しまれている存在です。

現在36歳で北海道出身の水原一平さんは6歳から父親の職業の関係でアメリカへ移住し、カルフォルニア大学を卒業している学歴があります。

大谷翔平さんの専属通訳者としての給料は具体的な数字は公表されていないものの、通訳者としての平均的な年収としては800万円~1000万円と言われるかなり魅力的な職業でもあります。

一変的なサラリーマンの年収よりもかなり稼ぎのいい職種ではありますが、実際のところ専属契約が解除されると露頭に迷うというリスクもあります。

海外では花形の職業として人気があるわけですけど、専属契約を勝ち取る通訳者になるためにはかなりのスキルが必要とされると言われています。

 

その点メジャーではチップ文化があるため、決められた報酬以外の臨時収入も期待できるので、通訳者として高い収入を得るためには海外の選手の通訳をされるのがいいのかもしれませんね。

通訳者として成功する方はかなりの狭き門だと言われています。

その点水原一平さんはとても恵まれた環境で通訳者としての仕事を続けられていると思います。

その理由としては、日本ハムファイターズ時代の大谷翔平さん知っていることと、スター選手の通訳を過去に経験していることが現在の水原一平さんの成功の理由だと思います。

大谷選手自身、水原一平さんには絶対の信頼を寄せているというコメントをされていましたし、家族ぐるみで良い関係を築いているのも強みだと思います。

更に水原一平さんはエンジェルスの球団の専属通訳者として登録されているのですが、その働きぶりはエンジェルスの上層部からももう一人の選手と言わしめるほどの仕事ぶりです。

水原一平さんの活躍をみて、もし将来通訳者として有名な選手のそばでサポートをしたいと考えている方がいるとしたら、高卒や特別な資格がなくても良い理由を次にまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク



高卒や野球経験がなくてもOK?

水原一平さんは高校時代のスポーツ経験としてサッカーとバスケットボールの経験がありました。

しかし、現在メジャーリーグで活躍する大谷翔平選手のサポートをするなかで野球経験が無いという事実には正直びっくりしました。

まず先日放送されたホームランダービーで大谷翔平さんの後ろでキャチャーをしていたのですが、野球経験の無い水原一平さんがどうしてそのようなことまで出来るのか不思議でした。

実際ホームランダービーは捕手の活躍する場面は殆どないので、素人でも出来るものですが、大谷選手はよほどの信頼を寄せているのだと感じました。

 

大谷翔平選手のような史上まれに見るスター選手の通訳者を務めるためには、高卒でも野球経験がなくても出来るようです。

通訳者と活躍するためには資格はありません、ただ、野球選手の通訳者になるためには野球のルールや専門用語を学ぶ必要があります。

選手のインタビューだけに通訳の仕事があるわけではなくて、ゲーム中の監督からの指示を選手に正確に伝える仕事も通訳者としての仕事になります。

高卒でも野球経験がなくても出来る仕事ですが、最低限の英語スキルや野球のルールや知識、更にいちばん大事な選手とのコミュニケーション能力が高いことが求められますので、今後スター選手の通訳者として活躍したいと考えている方にとっては、以上のことを意識する必要がありますね。

大谷翔平の通訳・水原一平の給料

この記事では大谷翔平選手の通訳として活躍している水原一平さんの給料やどのようにして大谷選手の通訳者として活躍できたのかをまとめていきました。

更に通訳者となるためには高卒や野球経験がなくてもOKな理由についてもお伝えしていきました。

大谷翔平さんのような天才バッターのそばで仕事が出来るのは本当に奇跡としか言いようがありませんが、予想以上の給料にも驚きを隠せませんでした。

最高の選手のプレーを間近で見ながら平均的なサラリーマンの収入を超えてくる最高の職業と言うしかありませんね。

スポンサーリンク