テレビ

犬山紙子の本名とアイリスオーヤマとの関係 国籍や帰化した噂の検証

スポンサーリンク

 

テレビのコメンテーターとして活躍されている犬山紙子さんの美貌に水曜日のスッキリを楽しみにしている方も多いと思います。

そんな犬山紙子さんはエッセイスト・作家という肩書でお仕事をされているのですが、犬山紙子さんという名前はかなり珍しい名前と感じたので、調べてみるとなぜか、アイリスオーヤマという会社名が浮上してきました。

 

この記事では、犬山紙子さんの本名とアイリスオーヤマとの関係性や実は在日〇〇だったという噂の検証をしていきます。

帰化されている芸能人は結構多いようです。

スポンサーリンク



犬山紙子の本名とアイリスオーヤマとの関係

犬山紙子さんといえば、20代の頃に母親の介護をするために、出版社を退職しています。

現在39歳でテレビや雑誌、自身の作家としての作品を出版されながら、社会活動にも精力的に参加されている方でもあります。

更に主婦として親としての側面もあるため、仕事との両立で頑張っている方には参考になる面が多くあると思います。

犬山紙子さんの名前はとてもめずらしいと思いませんか?

実は本名は大山純子さんといいます。

なぜ、エッセイストとして芸名を使用している方は多いのですが、なぜ大山という名字を名乗らずに芸名で活動をされているのか、疑問に感じました。

この芸名をつけた理由は公表されてはいませんが、多分アイリスオーヤマの親族ということを世間にバレたくなかったのかなという印象を受けました。

 

なぜバレたらやばいのか、その理由としては犬山紙子さんのエッセイや犬山さんが書いている漫画の内容をご覧になればなんとなく想像がつくかもしれませんが、ちょっと際どすぎてこの記事では表現するのは難しいくらいのものでした。

 

その美貌から作品のギャップがかなり違いすぎるので個人的には一気にファンになりました。

アイリスオーヤマとの関係としては、親族と言えます。

現在の会長の大山健太郎さんの三男の大山富生さんの子供が犬山紙子さんということになります。

アイリスオーヤマを開業した方は大山森佑さんという方で、大山健太郎さんは大山森佑さんの長男になります。

つまり、犬山紙子さんから見るとアイリスオーヤマを開業した大山森佑さんはおじさんに当たりますので親族関係としてかなり近い存在ということになります。

 

そういう背景もあることから、アイリスオーヤマに気を使って、犬山紙子という名前にしたのではないかと想像できますね。

ただ、本名として大山純子となっていますが、実は日本に帰化したという噂もあります。

スポンサーリンク



犬山紙子の国籍や帰化した噂の検証

犬山紙子さんの国籍がもともと日本ではないという噂がありました。

ウィキペディアの経歴欄に記載されている出身が大阪になっていますが、もともとは仙台に居住されていました。

仙台で母親の介護をされながら漫画を書いたり、作家として仕事をするためにブログを後身していたのです。

ただ、犬山紙子さんの事を調べてみるともともとの性別に「趙純子」という名前がありました。

実はアイリスオーヤマの開業者・大山森佑さんは在日韓国人2世で、大山健太郎さんは3世という情報があります。

2002年頃に日本に帰化されているので、その当時に同じく犬山紙子さんも帰化されたということになります。

記載されていたデータベースには昭和56年12月28日と生年月日も一致されていたので、かなり信憑性のある情報だと思います。

犬山紙子さんといえばその透き通るような肌でとてもおきれいな方です。

帰化されたことが別に問題というわけでも無く、むしろ強く生きてきた力強いたくましさが犬山紙子さんに感じられます。

家にいながら働くことを選択して6年間ニートをしながら漫画を書き続けた努力は凄まじいと思います。

会社に勤めたくないと感じている方は、犬山紙子さんの過去のインタビューなどを参考にされると勇気が出ますよ。

犬山紙子の本名とアイリスオーヤマとの関係~まとめ

この記事では、エッセイストやコメンテーターとしてテレビに出演されている犬山紙子さんの本名やアイリスオーヤマとの関係についてまとめていきました。

更に国籍や帰化した噂も検証しました。

帰化されたことは事実ですが、犬山紙子さんの発言は本当に面白く、賛否両論あるそうですが、個人的にはこんなに人生を楽しく生きている犬山紙子さんが羨ましいです。

スポンサーリンク